大阪で製缶の溶接を専門的に行う大翔工業株式会社では高品質なサービスを用意

お問い合わせはこちら

サービス

大阪でご希望に添った溶接を行っております

SERVICE

お客様が求められる製缶を高い技術により作り上げてまいります

大阪で溶接を用いた製缶業務を行いながら、一人ひとりのお客様が抱かれるご要望を叶えてきました。この業界一筋のプロフェッショナルが、徹底した品質管理や高い技術により作業を丁寧かつ迅速に進めております。
ご依頼は随時お電話やホームページから承っており、ご依頼後でもご不明な点があれば随時ご相談いただくことも可能です。品質の高いサービスと高い技術力、ご依頼の内容に適した工法を用いて対応いたしますので、ぜひお任せください。


大阪で製缶をTIG溶接により美しく高品質に仕上げております

一般的にこのお仕事は火花が飛び散り危険と思う方が多くいらっしゃいます。しかし、TIGでは火花が飛び散る心配がなく、安全に作業を進められます。さらに施工可能な金属は幅広く、ステンレスやアルミ、鉄等のほとんど全ての金属加工が可能です。作業を進める際には片手でトーチと呼ばれる専用の棒を持って進めていきます。こちらは数ある技法の中でも接続部や見た目が美しく、手棒や半自動ではできないような細かい部分にも適しております。
タングステンの棒に電流を流して材料との間に高温のアークを発生させ、その熱で材料同士を溶融させているのが特徴です。空気が入ると接続部分に欠陥が起き、見た目も悪くなってしまうため、不活性ガスを用いて作業をいたします。できる限り綺麗に仕上げたいと考える方はお任せください。

大阪にある会社へ半自動溶接に関することならお任せください

溶融を行うためには片手でトーチを握り、もう片方の手で加熱して溶かす専用の棒を待つ必要がございます。またスムーズな作業ができるようになるまでには高い技術が必要であり、最初は作業速度も決して早いものではありません。しかし、半自動による作業では溶かすワイヤーを自動的に供給してくれるため、比較的簡単に作業を進められます。金属の種類・溶融方法等の条件や電流の設定を正確に行うことで、非常に早く作業できるメリットもある技法です。
そのため、半自動は大量生産や短納期を希望なさるお客様からご好評いただいております。また、ノンガスワイヤーと呼ばれるシールドガスがなくても溶融が行える方法もあり、屋内・野外問わずどのような現場でも作業が可能ですので、ご用命の際はお申し付けください。

大阪で製缶の溶接を行う会社が案内する機械加工について

機械加工とは切削工具や工作機械等を用いて、金属素材を図面に示された形状へと加工することを指します。成形の際には材料を型に流し込む場合や大きな力で材料を変形させる等の方法を用いて、ご要望通りの形を作り上げることが可能です。成形後は、所定の形状を作るために不要な部分を取り除いていきます。その後は、必要部分に材料を付加していく付加加工、部品材料同士を合わせて機能や所定の形状を得るために必要な結合を行ってまいります。
求められる形状をスムーズに作り上げるため、製缶後の旋盤・フライス加工にも対応が可能です。さらに、溶融前後の加工も承っております。お客様が希望となさる形へと全力で応えてまいりますので、どのような形状であってもまずはスタッフまでお気軽にご相談ください。